Uni-Voiceのご紹介

音声コード「Uni-Voice」とは

JAVIS(日本視覚障がい情報普及支援協会)が開発した、漢字を含む文字データを約800文字記録できる、携帯電話対応2次元バーコードです。音声コードをカメラで撮影して文字データを読み取り、表示や保存ができます。携帯電話らくらくホンベーシック3(NTTドコモ)、簡単ケイタイ(au)、スマートホン等で、音声、テキスト、多言語翻訳情報を提供いたします。2016年施行される障害者差別解消法対応に、そして2020東京五輪・ビジットジャパンプロジェクトではOMOTENASHIの基盤UD技術としてあらゆる方面での利用が期待できます。

信頼の実績

平成24年4月よりねんきん定期便個人情報帳票に採用され厚生労働省医政局5課長通知により医療情報の医事管理システム、調剤薬局レセコンシステムへと広がりつつあります。

点字、音声録音等に比較してはるかに低コストで運用も簡単。使いやすさ、スピードもそろった時代のソリューションです。
正確に理解できるカタチへ
Uni-Voiceアプリのを使用する様子
音声コードを携帯電話で読み取る様子

Uni-Voiceの特徴 無料スマートフォンアプリで多言語化サービスの実現/外国人サービスの他に、窓口業務の効率化にも貢献/コストパフォーマンス(日本語印刷物から多言語化サービス)/世界的翻訳会社による翻訳の品質

利用展開概要

街行くその場所で提供されている日本語印刷物から各国語に翻訳し音声・テキストにて情報提供するサービス、及び企業・商品情報に誘導するサービス。

Uni-Voice 多言語化サービスの仕組

Uni-Voice 多言語化サービスの仕組