ビジネスミーティング

紙が話す。

それは、Uni-Voice! みんなが読めるソリューション

会社概要

COMPANY PROFILE

会社概要コンテンツメニュー

私たちは、音声コードUni-Voiceを核にした技術、製品、ソリューションを提供しています。

 

 ■文字を読み取れない

 ■失読症状などで文字情報が読み取れない

 ■観光で来日する外国人の方々が日本語を読めない

この様なハンディを抱えている方々の問題を解決します。

事業ミッション

​事業ミッション

OUR MISSION

今日の視覚障がい者の情報環境は、印刷物からの情報取得に困難があります。(点字が利用できる方は、約10%です。) 特に、金銭に関する帳票類の情報は、人に読んでもらうしかありません。

平成28年4月 障害者差別解消法が施行。国・自治体は法的義務となっていますが、理解が進んでいない状況です。 「自身の情報は、自身で読める」環境インフラを提供したい! 東京オリパラ開催の機会を捉えて、世界の視覚障がい者に、この環境を提供したい!と考えています。こうした考えは私達の事業礎石であり、情報社会におけるユニバーサルデザイン社会が一刻も早く実現できるように務めてまいります。

これからご説明します。
 

​企業情報

これからご説明します。
多言語サービスのパンフレット表紙

会社名 : Uni-Voice事業企画株式会社
英文名 : Uni-Voice Business Plan&Planning Inc.
設立: 2013年4月
資本金: 26,000,000円
代表取締役社長:能登谷 和則

取締役相談役: もり ただし
取締役 : 草野 芳朗
取締役 : 三浦 龍男
非常勤取締役: 工藤 清隆
非常勤取締役: 明堂 泰行

事業内容 : 音声コード事業 翻訳事業 その他事業企画
URL http://www.uni-voice.co.jp
商標登録 : Uni-Voice

特許:音声コードUni-Voice 特許4865844号 

​   NAVIコード・SPOTコード 特許出願2019-092955号
住所 : 東京都新宿区新小川町1番14号

         飯田橋リープレックス・ビズ 7F
TEL  : 03-6450-3180
FAX : 03-6450-3182

協力会社:

NPO法人日本視覚障がい情報普及支援協会(JAVIS)

株式会社グレープシステム

小林クリエイト株式会社

YAMAGATA株式会社

株式会社JTBコミュニケーションデザイン

株式会社丹青社

もり ただし
 
デスク上のノートパソコン

​事業内容

OUR FIELD

音声コードUni-Voiceを核にした技術、製品、ソリューションを提供しています。

 

Uni-Voiceコードは、約800文字情報を収めることができます。収められた文字情報は、iPhone あるいはAndroid スマートフォンアプリのUni-Voiceアプリで、文字が読みにくい、読めない方向けに、音声で読み上げてくれます。文字情報は日本語に限らず英語、中国語、韓国語など19言語に対応をしています。Uni-Voiceは、健常者、視覚障がい者、外国人を問わず利用することができます。まさしくユニバーサルデザイン社会のキーアイテムの一つになりうるものです。

 

利用分野としては、国の年金業務、地域自治体における刊行物、公共事業(水道、電気、ガス、NHK)などの検針票、利用明細書、銀行のATMの取引証明書、コンビニでの証明書発行、観光地での多言語化(サイン、看板、パンフレットなど)、医事書類(レセプト、薬説明書など)などです。これらは現状の社会インフラそのものであり、ご提供するソリューションを使ってほんの少しの手間をかけることによってユニバーサルデザイン社会のインフラにすることができます。

 

Uni-Voiceを利用している機関は、政府をはじめ各地方自治体、民間機関であり、実に多彩な利用用途の実績があります。

これからご説明します。
 

技術・製品・ソリューション

これからご説明します。
Uni-Voice
Uni-Voiceアプリ

Uni-Voice

音声コード「Uni-Voice(ユニボイス)」とは?印刷物の文字情報を二次元コードに変換したものです。音声コード「Uni-Voice」は、特定非営利活動法人日本視覚障がい情報普及支援協会(JAVIS)が開発しました。「Uni-Voice」はスマートフォンや携帯電話、専用読み取り装置で、情報を音声にすることができます。視覚障がい者や高齢者など、誰にでも、やさしい情報を提供することが可能です。
■文字を読み取れない
■失読症状などで文字情報が読み取れない
■観光で来日する外国人の方々が日本語を読めない
この様なハンディを抱えている方々の問題を解決するため音声コード Uni-Voiceの技術・製品・ソリューションを提供しています。

Uni-Voiceアプリ

Uni-Voiceコードが採用されているパンフレット、郵便物、書面、通知書など文字を読み取るためにはUni-Voiceアプリが必要です。
■Uni-Voiceアプリは一般の方向けのアプリです。外国人の方で日本語が読めない方についてもご利用できます。​
■Uni-Voice Blindアプリは視覚に障害をお持ちの方向けのアプリです。
■JAVIS AppliはUni-Voiceコードを​生成する日本語文章アプリです。Microsoft Wordにアドインして使用します。今まで通りに何ら意識することなく文章作成ができます。

ソリューション

ソリューション

■多言語サービス
観光地における多言語化の展示サインや音声誘導する全く新しいユニバサールデザイン地図利用など。
■観光情報プッシュ配信システム
印刷物のICT化とコミュニケーション環境を提供できるソリューションです。観光情報、お知らせ等をプッシュ配信することができます。
■バリアブル帳票印刷
マイナンバーカード通知書、ねんきん定期便など、書類に記載されている氏名、生年月日、個人番号、など個人ごとによってデータが異なる可変データーを含むUni-Voiceを印刷可能にするソリューションです。
■プリンターシステム組込製品
自治体が交付する書類 国民健康保険関連、各種の配布物 、納税通知書、納税証明書、公共料金納付書、水道料金などがあります。これらの書類にUni-Voiceを印刷できるソリューションです。

 
 

CONTACT INFORMATION

お問い合わせ - 事務所案内図 - フェイスブック