バリアブル帳票印刷

個別情報大量印刷にUni-Voiceを組込みを可能にするソリューション。

代表的なバリアブル帳票としてマイナンバーカード通知書、ねんきん定期便、ねんきん源泉徴収票、ねんきん額決定通知、ねんきん払込通知などがあります。バリアブルとは、これらの書類で氏名、生年月日、個人番号、年金関連では納付額、受給額,源泉徴収額などのように個人ごとによってデータが異なります。そのデータは可変なもので、通常一括で帳票印刷されます。

これらの帳票をバリアブル帳票として取り扱いをしますが、Uni-Voiceはバリアブルなデータにも対応し採用されています。

バリアブル帳票印刷の特徴

■背景 

視覚障害者のニーズ 個人情報を人に読んで欲しくはない。

情報ギャップを埋める手段

点字対応コスト> 音声コード対応

点字識字率  約10%

■利用内容 

7,000万枚(7,000万コード)発行

年金額を印刷表示

個人情報内容をコード内に個別格納

■対応対象者

視覚障害者限定対応ではない。

抽出コスト>全員対応コスト 

バリアブル帳票印刷ソリューション.jpg