top of page

伝えよう。​
すべての人に
Uni-Voice for UD

わたしたちUni-Voice事業企画は視覚に障がいのある方や高齢者の方、日本語が不慣れな外国人の方、すべての人が情報を共有できる共生社会の実現を目指し、新しい価値を創造していきます。​

環境省と国立公園オフィシャルパートナーシップ
視覚障がい者のための音声コードUni-Voice
外国人のための音声コードUni-Voice
高齢者のための音声コードUni-Voice

News

新着ニュース

2024年4月15日

ゴールデンウィーク期間における休業期間のお知らせ

2024年4月12日

Uni-Voice Blindアプリが総務省『情報アクセシビリティ好事例2023』に選定

2024年4月2日

世田谷区、視覚障がい者向け『プッシュ配信』の新たな事業を開始

2024年4月1日

耳で聴くハザードマップ、正式版リリースのお知らせ

2024年2月28日

耳で聴くハザードマップ(ベータ版)、2024年4月より正式版へ移行ならびに大切なお知らせ

Solution

ソリューション

耳で聴くハザードマップの説明

耳で聴くハザードマップ

国内初『耳で聴くハザードマップ』ベータ版が Uni-Voice Blindアプリに追加されました。これまで、紙媒体やWeb上にて視覚での情報取得がおもだったハザードマップを自動音声読み上げ機能によって提供することで、視覚に障がいのある方や高齢者の方にも、命を守る大切な情報が取得しやすくなっています。

 

多言語サービス

多言語サービス

観光地の案内看板や展示サインに音声コードUni-Voiceをつけることで多言語対応することができます。
多言語文書コードは19言語に対応。NAVIコード、SPOTコードを用いることで音声でルート案内をすることもできます。

バリアブル帳票印刷

バリアブル帳票印刷

マイナンバー通知、ねんきん定期便など、書類に記載されている氏名、生年月日、個人番号、年金関連では納付額、受給額、源泉徴収額など個人ごとによってデータが異なります。
そういった個人ごとに異なるデータの音声コードを生成することができます。また、生成した音声コードは通常の帳票印刷と同じく一括で印刷することができます。

耳で聴くWebポータルサイト

耳で聴くWebサイト

耳で聴くWebサイト、Uni-VoiceアプリとUni-Voice Blindアプリ(視覚障がい者の方々のためのアプリ)に実装されています。利用者は意識することなく、Uni-Voice ポータルサイトのコンテンツを選んでお好みのコンテンツをスマホを通して耳で聴くことができます。

プリンターシステム組込製品

プリンタ・システム組込製品

各地方自治体が交付する書類 国民健康保険関連、各種の配布物 、納税通知書、納税証明書、公共料金納付書、水道料金などがあります。これらの書類に音声コードUni-Voiceを印刷できるソリューションです。

観光情報プッシュ配信システム

観光情報プッシュ配信システム

印刷物のICT化とコミュニケーション環境を提供できるソリューションです。地域の観光業者からの地域限定

Alliance

アライアンス

bottom of page